SSブログ
文学・芸術 ブログトップ

第十回 秋、酒蔵にて 2018 [文学・芸術]

第十回 秋、酒蔵にて 2018

が開催されました。

ここに越して来てからはじめての鑑賞です。
この他にフラメンコの実演がありましたがSNSは禁止との事ですので動画は掲示できませんでした。

酒蔵の雰囲気も相まってギターと手拍子、ステップの音が共鳴して迫力満点でした。

一階と二階に色々な作家さんの力作が展示販売されています。
別棟にも作品が有りました。

IMG_2462.jpg

IMG_2463.jpg

IMG_2464.jpg

IMG_2465.jpg

IMG_2466.jpg

IMG_2467.jpg

二階

IMG_2469.jpg

IMG_2470.jpg

IMG_2471.jpg

IMG_2472.jpg

IMG_2473.jpg

IMG_2474.jpg

IMG_2475.jpg

IMG_2477.jpg

IMG_2478.jpg
別棟

IMG_2479.jpg

IMG_2483.jpg

IMG_2484.jpg

IMG_2485.jpg

IMG_2486.jpg

IMG_2487.jpg

IMG_2489.jpg

IMG_2490.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピース又吉の小説が本に掲載される! [文学・芸術]

ピース又吉(又吉直樹)が「文学界」に小説「火花」で一挙掲載されることが4日、分かった。

初の純文学作品で文学誌デビューを飾ることになるわけです。

それは、1月7日発売の月刊誌「文学界」2月号(文芸春秋)に、中編小説「火花」で一挙掲載される。


文學界 2015年 2月号 (文学界)

文學界 2015年 2月号 (文学界)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/01/07
  • メディア: 雑誌


芥川賞候補が選出される事の多い主要文学誌への掲載はタレントでは極めて異例だそうです。

ピース又吉は趣味は散歩と読書で、通算2,000冊以上もを読んでおり、活字が躍りだす夢を見るほどの読書家。

そんなピース又吉は平成24年にエンターテインメント作品を対象にした小説誌に自伝的短編を発表。

今回は観念的な問いも盛り込んだ純文学です。

「鋭い観察眼と独自の文体を持っている。知名度のあるタレントだからではなく大型新人作家として大きく扱いたいと思った」と「文学界」の武藤旬編集長は話している。

ピース又吉と言えば、人気お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(34)で相方は熟女好きで有名な綾部。

好きな作家として、太宰治、芥川龍之介、古井由吉、京極夏彦、中村文則等を挙げていて、携帯の待受け画面は太宰治。

以前に住んでいた三鷹市下連雀の築60年以上の風呂なしアパートは三鷹図書館で詳細に調べてみると、偶然にもその住所が太宰家の旧住所にあたることが判明したそうです。

ピース又吉.jpg
http://www.yabasu-sokuhou.blue/owarai/1297.html

プライベートでは、和服を着ることがあり古着を含む服が好きで、長髪でパーマをあてた独特のファッションセンスはよしもとオシャレ芸人ランキング男性芸人部門では第2位、2011年では第1位にランキングされ、東京吉本若手のオシャレ番長的扱いを受けている。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

村上春樹がノーベル賞 2014受賞ならず.... [文学・芸術]

スウェーデン・アカデミーは9日、2014年のノーベル文学賞をフランスの作家、パトリック・モディアノ氏(69)に授与すると発表しました。

残念ながら、日本の村上春樹氏は受賞しなかった。

村上春樹.jpg

東京都杉並区のブティックカフェ「6次元」ではファンらがインターネット中継に見入っていたが
「がっかり」「来年の楽しみができた」との声が上がった。

また、ネット上の書き込みには

•文学賞落選した村上春樹の作品が酷すぎる
•村上春樹氏の作品には深みがないと判断されました

との厳しい意見も、私も「限りなく透明に近いブルー」しかしらない.....

青色発光ダイオード(LED)の開発で物理学賞に選ばれた中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)、赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)に続く日本人受賞の快挙とはなりませんでした。

受賞したフランスの作家、パトリック・モディアノ氏(69)は1945年、パリ近郊生まれ。

パトリック・モディアノ.jpg

「パリ環状通り」がフランスで権威のあるアカデミー・フランセーズのグランプリを獲得、文壇での地位を確立した。

代表作にはフランスで最高の文学賞とされるゴンクール賞を受賞した「暗いブティック通り」で

記憶をなくした男が、自分の過去の思い出を取り戻そうとパリの街をさまよう話で

大ヒットした韓国ドラマ「冬のソナタ」に影響を与えたともいわれています。

そして、フランス人作家の同賞受賞は、08年のジャン・マリ・ギュスターブ・ル・クレジオ氏以来となる。

文学・芸術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます