SSブログ
芸能・エンタメ ブログトップ
前の10件 | -

第18回 伊参スタジオ映画祭 [芸能・エンタメ]

第18回 伊参スタジオ映画祭

11月24,25日に開催されました。
私は24日に行きました。
晴天でしたが廃校の体育館なので寒い日でした。

IMG_2460.jpg

引っ越して来て初めての映画祭です。
10時に最初の映画が放映されるので少し早起きして行きました。
前売り券でしたのですんなり入場出来ました。

券と引き換えにお洒落な木で出来た札と林檎とホッカイロを頂きました。

IMG_2477.jpg

最初のご挨拶の後に

IMG_2459.jpg

IMG_2461.jpg

1.高崎グラフィティ
2.ばあちゃんロード
3.君から目が離せない
4.月とキャベツ

最後に全員で写真撮影をして閉館でした。
スタッフもテキパキととても感じの良いアットホームな映画祭でした。

外に出ると真っ暗な夜空に綺麗な満月

駐車場まで足元を照らす灯りが並んでいました。
嬉しい心遣いです。

IMG_2464.jpg

IMG_2475.jpg

IMG_2476.jpg

とても良い1日でした。
有り難う御座いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイの季節 [芸能・エンタメ]

『サイの季節』

バフマン・ゴバディ(ゴバーディー)監督
イラン政府の許可無く撮影した『ペルシャ猫を誰も知らない』(09)の公開以来、亡命を続けて、トルコで撮影された。

イランでは伝説と称される俳優ベフルーズ・ヴォスーギー、ハリウッドでも活躍するイタリアのモニカ・ベルッチ共演。
2012年、イラク・トルコ合作

あらすじ
実在のイラン人詩人、サデッグ・キャマンガールの実体験をもとに描かれたヒューマンドラマ。
1979年、イラン・イスラム革命時、詩人サヘル(ベヘルーズ・ヴォスギー)はある男の企みによって「神を冒涜する詩を書いた罪」で不当に逮捕される。30年後、釈放された彼は、生き別れとなった最愛の妻ミナ(モニカ・ベルッチ)の行方を捜し始める。しかし、政府の嘘によってサヘルはすでに死んだことにされていた。

一方、夫が死んだと聞かされて、30年間悲しみの中で暮らしていたミナのまわりにはある男の影がつきまとう。その男はサヘルの死を偽り、夫婦の間を引き裂いたその男の名は欲情に囚われた男アクバル(ユルマズ・エルドガン)サヘルの元運転手。

サヘルの投獄中に一度だけミナとの面会が許された、しかしその時に二人の愛し合う姿を見ていたアクバルがミナを.....

そして、3人の30年間の愛憎の果ては...

0f585ac170839fa25d6993d512e99b71.jpg
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=12ihn0nmo/EXP=1462503386;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUkJEYlpTZTNEXzNOUURlckRIQjJWeEVIc3hMSy03RlB5YUs5RDRsTklmMXhWQVBZbUhLMTJfRzVnBHADNDRLMTQ0S2s0NEd1NWEyajU2LkEEcG9zAzgEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-/**http://blog.goo.ne.jp/eigaban/e/353cae707ce0290cb6a7b7c0434154d0

ところどころに詩や亀、馬、そしてサイの画像が現れるが何を意味するのか?
幻想的でもある映像でした。

マーティン・スコセッシが心酔したという謳い文句でも話題になっている一本。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<つんく♂さん>語る 悪魔へ! [芸能・エンタメ]

悪魔へ。歌声くらい持っていって。その代わり長生きさせてもらうで。

喉頭がんの手術で声を失った体験を手記「だから、生きる。」(新潮社)にまとめた。
つんく♂さん(46)

今年の4月、母校である近畿大学の入学式に登場したつんく♂さんの姿がテレビのニュースに映し出されていた。

<……去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的に癌(がん)が治りきらず、摘出するより他なかったから、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。……私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です>。

つんく♂さんはステージでじっと立っていて、祝辞がスクリーンに映し出されていた。

つんく♂さんが声帯摘出を告白した近畿大学での祝辞全文

ちょうど彼がプロデュースしたモーニング娘。の「LOVEマシーン」が売れに売れていて、日本の頂点を極めていた。
それから15年たった昨年2月、走り続けてきたヒットメーカーが喉頭がんを宣告される。
歌手の命、声をなくしたくない、と放射線と抗がん剤で声帯を温存する治療を進めたおかげで、一旦は医師から「完全寛解」のお墨付きをもらい、昨年10月には念願だったモー娘のニューヨーク公演へ。しかし、そこに別の病院から最悪の検査結果が届いた。

その時の心境が

「『嘘(うそ)であってや』『神様たのみます!』って何度も何度も思ってました。どっきりカメラの看板持った人が出てこないかなって」

しかし、願いはむなしくついえた。

そして、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。

そんなつんく♂さんは今では元気に家族に恵まれてマイペースでゆっくり仕事を再開している。

image.jpg
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=12b8i4f8j/EXP=1443687285;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMQRvaWQDYnV6ejViSFhweDhkNWxXZ00EcAM0NEdrNDRLVDQ0R1A0cG1DBHBvcwMyBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy/**http://news.walkerplus.com/article/64312/image359115.html
その手記のタイトルにはこんな意味を込めたという。「『だから』の前にはいろんな言葉が隠れています。子供が生まれてきてくれたから、妻がいるから、音楽を愛してるから、ちょっと大げさに言えば、この世のためにまだまだすることがあるでしょ! だから、生きる」

☆つんく♂
1968年、大阪府生まれ。88年にバンド「シャ乱Q」を結成、92年に上京してメジャーデビュー。「シングルベッド」「ズルい女」などミリオンセラーを次々と飛ばし、97年からモーニング娘。をプロデュース、99年には「LOVEマシーン」が大ヒットする。著書に「LOVE論」などがある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

永遠の0 [芸能・エンタメ]

今日のテレビで ”永遠の0” を観ました。

前回もテレビでやっていたけどあれとこれとはどう違うんだろう?

内容は同じで、出演者が違うだけだったと思います。

前回のTV TOKYOのテレビドラマのキャストの方が好きだった。

桐谷健太が良かった。

邦画は殆ど見ないけど話題のものは見ることにしている。

だけど劇場にまで行って観た事はない。

そして、日本の戦争映画は悲しすぎて観るのがつらいのが本音です。

原作者は百田尚樹。

何かと話題の人ですが、私はあまり好きではない。



特攻隊の話だがこの映画だとあまり私の心には伝わらなかった。

唯一つやくざの親分が言った台詞

 ”宮部を絶対に援護する…それだけだった。 どんなことがあっても宮部の機を守り抜く。 敵の銃弾は一発も当てさせない。 宮部に襲いかかる敵機はすべて撃ち墜とす。 弾がなくなれば、体当たりしてでも墜とす” 

というのが残った。

そして、これを言った人が宮部の奥さんを救いだした人で、飾ってあった日本刀がその時の物だったのだろう。

これも、前回の柄本明の方が好きだ。

でも、戦争の歴史、事実を知る上ではいいのかもしれないですね。

だけど、悲しくて涙するというのは私にはむいていないし、好きではない。

私の好きな作者、野坂昭如の ”火垂るの墓” なんかとても悲しくて、本で読んだだけでも胸が押し潰されそうになった記憶があり、2度と観たくない映画です。

戦争の時代に生まれないでよかったとつくづく思います。

私があの場面にいたらどういう行動にでるか絶えず考えながら見ていました。

いろいろと考えさせられる映画でした。

だけど、原作を読んでみようという気にはならない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

男ディズニーが急増中「ZIP」で特集!! [芸能・エンタメ]

今日のテレビ番組「ZIP」で「男ディズニー」が急増中だ特集されていました。

私はいい事だと思います。

みなさんはどう思いますか?

今は男、女、オカマ、オナベなどの差別も無くなっている。

同性婚も認められる時代です。

家でゲームしているより男同士でも外でワイワイ騒いで楽しむのは健康的でいいじゃないですか。

「女ディズニー」ってのもあって

両方が出会って知り合い仲良くなって、今度は「二人ディズニー」デートって事にもなるかもしれないし。

経済効果のアップも多少でも影響があるだろうし、暗い話題ではない。

母親や子供を殺した、自殺したなどのニュースが多いなか

健康的でいいと思います。

男ディズニー.jpg
http://media-cache-ak0.pinimg.com/736x/99/4f/81/994f810bd6f5c93e353fd7c49553a5e7.jpg

インタビューでは「男ディズニー」は

・気を使わないでいい
・男同士だとのりがいい
・ワイワイ騒げる
・女性がいると段取りとか気を使うけど男同士だとダラダラしてても何も言わない

との意見です。

中には服装を合わせて楽しんでいる「男ディズニー」グループもいました。

楽しそうですね!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スザンヌが離婚!! 旦那と上田桃子の浮気.... [芸能・エンタメ]

スザンヌ(28)が斉藤和巳(37)氏との離婚を発表しました。

原因は夫の元ソフトバンク投手で現在は野球評論家の斉藤和巳氏と

女子プロゴルファーの上田桃子(28)との不倫だそうですが上田桃子は否定しています。

スザンヌと斉藤氏は2011年12月に結婚し昨年1月に第1子となる男児が誕生しました。

しかし、わずか3年余りで結婚生活は終焉を迎えました。

スザンヌ.jpg
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=136n4t1mk/EXP=1430452406;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMQRvaWQDYnV6emU5MTJlRzJlQmR0WnpQdwRwAzQ0SzU0NEsyNDRPejQ0T00EcG9zAzEEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-/**http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/20/kiji/K20150420010205050.html

スザンヌはファクスで離婚理由を

「私達は、お互いの仕事が福岡中心、東京中心と離れていたことにより、 すれ違いが多く、家族としての時間が十分に持てなくなったうえに、 私が出産、育児にいっぱいいっぱいになってしまい、 彼に対して思いやりを持つことができなかったのかもしれません」

と説明し、旦那のことを非難するようなコメントは一言もしなかった。

その旦那である、斉藤和巳氏は結婚2度目で前妻との離婚理由も、

斉藤氏の派手な女性関係やDVなどという事から二人の行く末を心配する声が上がっていたのは事実でした。

妻子を捨てた夫とその夫を一言も責めなかったスザンヌ

当然スザンヌの好感度は上がり仕事のオファーも急増しているそうです。

『自分が稼がなきゃ……』と言っているスザンヌ

これからは子供を母と協力して育てていくそうですが全く問題ないでしょう。

高橋ジョージといい、斉藤和巳といいこんな綺麗な奥さんを蔑ろにするとは全く理解できません。

ダルビッシュの相手の山本聖子、そして今回の上田桃子???

全く理解できない#$%&





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三船美佳が離婚 決意!! そのとき高橋ジョージは....... [芸能・エンタメ]

三船美佳(32)が離婚を求めて提訴した。
二人は一昨年末から別居中。

離婚調停で高橋ジョージは「もう一度やり直したい」との思いから不調に終わった為に三船美佳が提訴、これだと修復不可能ですね。

女優の三船美佳(32)と、ロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)は三船美佳が16歳の誕生日を迎えた98年9月12日、法律的に結婚できる年齢に達した当日に結婚し、おしどり夫婦として知られた

三船美佳.jpeg
http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=NOhnQYIXyLHw1fcZkWM3aiif6bCpAYTI2H.l4NVvmT5R2SrSipJNjzrjPpVve_Qgm6Le2blvAmItPEMzk9OQFVNng3rQu6S94uxbILFbjb6MyUrt2NCBlTFrOCVnjWsV8RzwO5VSBNWr8w0bYn_D&sig=13a659h46&x=170&y=129

しかし16年余りの結婚生活で、高橋ジョージが在宅の時は外出禁止、高橋ジョージが不在の時だけ外出が許可?されたらしいです。

あまりに綺麗な三船美佳だから心配だったんでしょうかね。

そんなことから、三船美佳は夫には感謝しているが「夫から離れて、自分の足で歩いてみたい」と友人に話していたらしい。

私は三船美佳をテレビで見るたびに綺麗で夫婦生活がうまく行っていて高橋ジョージは羨ましいな〜と思っていたけど違っていたんですね。

なんで高橋ジョージにこんな綺麗で若い奥さんが?と嫉妬していたぐらいでした。

なんでも無いような事が幸せに思えなかったんでしょうか?

最近、三船美佳をテレビで見るたびに思うんだけど、太った?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サザエさんの花沢さんの声が変わった!? [芸能・エンタメ]

日曜の6時30分といえば国民的アニメ「サザエさん」

それに登場しているカツオくんの同窓生の花沢さんの声が変わったと話題になっている。

不動産屋さんの一人娘の花沢さんは山本圭子さんが務めていたが、4日放送の時は変更されていた。

それは講談師で声優の「一龍斎貞友」さんでした。

放送直後からネット上では、花沢さんの声が変わった事に気ずいた視聴者から「花沢さんの声変わっちゃったの?」「声が変わっていてビックリ」などの声が続出。

正直言うと、私も見ていたが気づきませんでした?

フジテレビ側からは山本さんの体調不良により4日放送回のみ代役として一龍斎貞友さんが担当したが、
次回放送分より元通り山本さんが復帰する予定とのことです。

波平さんに続いて花沢さんもか?と思ったが今回のみということだと聞いてほっとした。

国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)の初めと終わりの絵が好きです。

サザエさん.jpg
http://kumomine.weblogs.jp/photos/uncategorized/2007/06/05/200706050.jpg

その土地の観光名所が見事に描かれています。

また、整然とした生活感のない庭付きの平屋の家も好きです。

あんな、家族に憧れます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

和田アキ子 引退!? 今日の「 ごきげんよう」で語る...... [芸能・エンタメ]

和田アキ子が今日の13時放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に初出演した。

いつもは3人のゲストが出演するが今日は和田アキ子ひとりだった。

和田アキ子.jpg
http://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTQxMjE2LTAwMDAwMDQzLWRhbC1lbnQudmlldy0wMDA-;_ylt=A2RABfCpQ5BUsgcA_uMPl.Z7

そして、例のサイコロを転がして出た目の質問に答えるコーナーで、和田アキ子が引退を考えた過去を語った。

それは、司会の小堺が質問コーナーで「芸能界をやめたいと思ったことはありますか」とたずねられると、「何回もありますよ」と告白。特に、1981年に当時カメラマンだった男性と再婚した直後に子宮がんを患ったことを振り返った。

その時、和田アキ子の所属事務所からは「がんと言うのはやめてくれ」がんは死に直結するイメージがあるから、と言われたそうです。

それで、子宮筋腫にしようとしたが、その場合、医学的には子宮の全摘出を一般的に行わない為、主治医からは「本当のことを言ってくれ」と頼まれ板挟みになってしまったそうです。

それでも和田アキ子の所属事務所からは「強いイメージなのに、女みたい」と言われてしまった。

これが「1回目の芸能界をやめたいと思った(時)」で、「なんでちゃんと芸能人である前に女性として見てくれないのかな」と悩んだ事を話した、涙ぐむように.......

この時和田アキ子は聖路加国際病院に入院していた、私もたまたま同じく入院していて偶然に院内を歩いていた和田アキ子とすれ違ったが、大きいイメージがあったが病気のせいもあってか随分小柄で弱々しく見えた。

また、医者にがんを告げられた時に夫に「子宮がんになっちゃって、全摘すれば命は助かると言われて、旦那に別れてちょうだいと。女としてのあれがないからと言ったんです」

そしたら、夫からは「アコの歌が好きだから」と言われ離婚は思いとどまった、という経緯も話した。

果たして和田アキ子は引退するのだろうか.........
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

徳永英明が「アナと雪の女王」の劇中歌をカバー「レリゴー」 [芸能・エンタメ]

徳永英明(53)が来年1月21日にリリースする女性ボーカリスト限定のカバーシリーズ「VOCALIST 6」に、「アナと雪の女王」の日本語版劇中歌「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」をカバーとして収録されるらしい。

過去の名曲をカバーしてきた同シリーズで、最新ヒット曲を収録するのは初だそうです。

徳永.jpeg
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A7dPdCoeeo5UwmcACAiU3uV7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz/SIG=128ee4ooa/EXP=1418709918/**http%3a//img.hmv.co.jp/image/jacket/400/14/7/8/041.jpg

「アナ雪」で氷の魔力を隠してきた女王・エルサが城から逃走し、自由に生きることを決意した際に歌うこの曲は、初回盤で「花は咲く」とともにボーナストラックとして収録されるそうだ。

ハスキーボイスで始まる「降り始めた雪は…」は寒さを吹き飛ばせるか、余計に寒くなるか?

松たか子(37)のパワフルなハイトーンボイスとは対照的な徳永ボイスは女王が穏やかに心を固めたかのような感じがするかもだって。

この「VOCALIST」シリーズは、2005年から始まり「国民的名作をクローズアップ」というコンセプトで続いてきたらしい。

”らしい”というのは私はあまりこの徳永英明の曲を知らない。「壊れかけのラジオ」?くらいしか知らないので、ファンの方には叱られるかもしれないが、徳永英明のカバーというのは”ひとのふんどし”で相撲を取っているのと同じ事だと感じているのは言い過ぎだろうか。

また、最近は名前も知らない新人の歌手?が人の歌を”カバー”と銘打ってデビューしているのが図々しい。カラオケかよ.....(三村ふう)

このカバーも、なんかしっくりこないのは私だけ?..........

そんな徳永英明、今年末も紅白歌合戦に9年連続9回目の出場を決めている。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の10件 | - 芸能・エンタメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます